メニュー

ノロウイルス

ノロウイルスとは

ノロウイルスは秋から春にかけて流行する急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。

感染力が非常に強く、乳幼児から高齢者まで感染が見られ、学校などでは集団感染することもあります。また、ノロウイルスは一度感染しても再度感染することがあります。

 

ノロウイルスの症状

嘔吐、下痢が主な症状です。お子さまは嘔吐、大人の方は下痢の症状が多いのが特徴です。

嘔吐や下痢が繰り返し起こるため食事や水分の接種が困難になることがあります。

その他、発熱、咽頭通、倦怠感などを引き起こすこともあります。

 

ノロウイルスの感染経路

感染経路は、ノロウイルスに汚染された飲み物や食物による経口感染で特にカキなどの二枚貝を接種することが原因となることは良く知られています。

 

その他、ウイルスに汚染された手指でおもちゃやドアノブなどを触ることにより感染する接触感染や、嘔吐物や便などが飛び散った際にその飛沫に含まれるウイルスを吸い込むことにより感染します。特に嘔吐物や便の処理は十分気を使わないと掃除した後にウイルスが風に乗って吸い込んだりすることでも感染します。

 

ノロウイルスの治療

ウイルスに直接効く薬はありません。吐き気止めや整腸剤などの症状を抑える薬を必要に応じて処方します。下痢止めの薬は使用するとウイルスの排出が遅くなるため通常は使用しません。

 

下痢や嘔吐により脱水症状になりやすいので、できる限りこまめに水分の補給をしてください。

 

登園・登校について

感染したからと言って必ず出席停止となるものではなく、感染が拡大する危険性があれば学校や園の判断で出席停止となる可能性がありますので感染が分かった段階で学校や園に連絡してください。

 

登園、登校再開の際は医師による治療証明書などを求められることもありますので、

その際は当院までご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME