メニュー

夜尿症(おねしょ)

夜尿症について

夜尿症は、5歳以上で月に1回以上の失禁(おねしょ)をすることが3ヶ月以上続く状態を指します。「うちの子だけがオムツを卒業できていないのでは…」と悩む親御さんもおられますが、小学生になってもおねしょをする子どもは約10人に1人の割合でいると言われています。夜尿症は治療することで改善されることが期待できますので、まずはご相談ください。

 

夜尿症の原因

夜尿症の原因として、睡眠中に尿意で目を覚ましにくい、寝ている最中に作られる尿の量が多い、尿を貯める膀胱の大きさが小さいなどが挙げられます。その他、まれに別の病気が隠れている場合もあります。

 

夜尿症は自然に治るの?

夜尿症は成長と共に自然治癒する場合もあります。ただし、小学生で夜尿症のお子さんの多くは、周囲と比較してコンプレックスを感じて自己肯定感が低くなる、周囲からいじられる、家族から注意を受けるなどで、精神的ストレスを抱えやすい状態です。夜尿症の治療をすることで自然治癒よりも早く症状が改善することが期待できる上、原因も分からず悩むお子さんの精神的ケアにも繋がります。

 

夜尿症の治療

当院では、夜尿症の治療として生活指導や内服薬の処方、アラーム療法などを行います。

夜尿症の治療において、生活リズムはとても大切です。規則正しい生活リズムを反復することで、排尿のタイミングを体に覚えさせます。その他、寝る前の水分の取り過ぎを控えるなどの生活上の注意点なども生活指導の際にお伝えします。内服薬の処方としては、寝ている間に作られる尿の量を抑える抗利尿ホルモン剤などが挙げられます。アラーム療法では、おねしょをセンサーで感知してアラーム音でお知らせすることを繰り返すことで、次第に睡眠中のおしっこを保つ力をトレーニングします。

 

夜尿症のQ&A

Q1. 夜尿症とおねしょの違いは何ですか?

A1.

夜尿症とおねしょの違いは年齢にあります。赤ちゃんも頻繁におねしょをしますが、それは夜尿症に該当しません。 身体が発達してきた5歳以上になってもおねしょが続く場合に夜尿症と診断されます。

 

Q2. 夜尿症は病気ですか?

A2.

夜尿症は小児の慢性的な病気の1つになります。利尿作用や膀胱の働きの異常、睡眠時に尿意に気づかない覚醒障害などが挙げられますので、早めに治療を受けていただくことをお勧めします。

 

Q3. 夜尿症はしつけの問題ですか?

A3.

夜尿症は親のしつけの問題ではありません。しつけの問題だと考えて、厳しいトイレトレーニングや叱責を繰り返してしまうと、お子さんに精神的ストレスを与え逆効果になります。夜尿症のお悩みはお子さんやご両親だけで抱えず、まずは小児科へご相談ください。

 

Q4. アラーム療法は保険適応ですか?

A4.

アラーム療法は保険適応ではありませんが、お薬を使わない治療法ということで選ばれる方もおられます。費用としては、最初に機器のレンタル料が約8千円かかります(4ヶ月分で約8千円を分割払いいただきます)。

 5ヶ月目以降は無料になります。アラーム療法を実施するかは、お子さんとご両親と相談しつながら決めてまいります。詳しくは受診時ににご相談ください。

 

 

☆当院は【おねしょ卒業!プロジェクト委員会】の掲載医院です

https://onesho.com/patient/

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME